ED治療薬の保存方法

ED治療薬は長持ちする


まとめて購入しても保存が効く


ED治療薬を病院で処方してもらおうと思ってもそこまでまとめて処方してもらうことは出来ません。

しかし、医薬品個人輸入の場合は大量購入することが可能です。

まとめて購入すれば割引も適用されたり、送料無料など色々な特典がつきます。せっかく購入するのであればなるべくまとめて購入するのがポイントです。

ただし、まとめて購入する場合どうしても保存方法に困ってしまうことがありますよね。

どのように保存すればいいのか分からないという方もいると思いますのでここで覚えておきましょう。

まず第一にED治療薬の消費期限と言うのは長いです。

大体2年ぐらい持つと言われていますのでまとめて購入しても十分に使い切ることが可能です。

ただし、それも正しい保存をしないと薬と言うのは劣化が早いので気をつけなくてはいけません。

薬の封を開けてしまったら劣化が早いのでその場で基本は服用することが望ましいです。

とはいえ中にはお金の節約のために主成分が高容量配合された1錠を半分に割って服用する人もいると思います。

半分に割れば単純に料金も半分になりますからお金の節約になりますよね。

1錠を半分に割って半分はその場で服用すると思いますが、もう一方をどのように保存すればいいか分からないと言う人もいます。

まず余った薬は外気に触れないようにサランラップに包んでサプリメントケースを用意して蓋を閉じて外気に触れないようにしましょう。

そして必ず日光が直接触れない湿度もなるべく一定のところに保存するようにしましょう。

特に夏場などは気をつけてください。薬はとにかく外気に弱いです。

また保存する際に適切な場所は冷暗所に保存するのが望ましいのですが、冷暗所というのは『日光が当たらず18℃~25℃で湿度の低い所』を指します。

お勧めなのが台所の棚などに保存をしておくのが良いと思います。

またよく薬を冷蔵庫に入れている人もいますよね。

確かに冷蔵庫の中では外気に触れないですし、温度や湿度も一定ですので保存に適しているとも言えます。

1ケースぐらいを保存をしておくのであれば問題ないですが、まとめて購入した場合は冷蔵庫のスペースを取ってしまいますよね。

さらに、夏場などの暑い日の場合で冷蔵庫に保存をしておいて外に持ち出して服用しようと思った場合、冷蔵庫と外の温度差によって薬が結露してしまったりして薬が変形をしたりして飲みづらくなってしまいますので気をつけましょう。

冷蔵庫に入れるのであればその場で使うのであれば良いと思います。

違和感を感じたらすぐに捨てる

ED治療薬を服用しようと思ったときに薬の保存期間が過ぎていたり、薬が変色をしていたり、形が変わっていたり、口の中に入れたときにいつもと違った違和感を感じた場合はすぐに捨てるようにしましょう。

ED治療薬は1錠あたりの金額は決して安くなく高いです。

どうしても捨てるのが勿体無いと思うかもしれませんが、結局服用しても効果が現れない可能性があるだけではなくて、時に体に悪影響を与えてしまうかもしれません。

勿体無くても他の薬を服用するようにしてください。

正しい保存方法をすることが長持ちさせます。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る