ED治療薬による胎児や妊娠への影響

影響は一切ない


不妊治療専門医が渡すこともある


子作りをしようと夫婦で話し合っていたらいきなり旦那がEDになってしまったということは良くあることなんです。

このタイミングでEDになんてならないでよ!って思うかもしれませんが、今までEDの兆候しかなかった人が勃起不全に突然なってしまったと言うことは良くあります。

と言うのは今までだったらお互いが感情が高ぶって好きなときにベッドインすることが出来ていたものが妊娠しやすいタイミングで性行為をしなければいけません。

最初の子作りをする上で一番最初に行うのがこの決められた日に性行為をするということなのですが、この決められた日に必ず性行為をしなければ行けないというプレッシャーと感じてしまったり、どこか作業的な感覚になってしまって性的興奮が沸かなくなってしまったという人もいて勃起不全になってしまうのです。

女性からしてみれば妊娠しやすいタイミングの時だけはせめて勃起して!それ以外の日はしなくていいから!って思ってしまうことでしょう。

女性は親や周りから孫の子を見せろとか友達から同級生が出来ればいいね!とか周りが子供が出来ていく中で焦りが出来てしまうものです。

不妊の定義としては1年間妊娠目的で性行為をしていたのにも関わらず子供が出来ない状態のことを指します。

子供を望んでいても出来ない状況になってしまうと女性としては毎月生理が来るたびにショックを受けてしまうものです。

ですからまずは男性はパートナーとしっかりと性行為が出来る状態にせめてしないといけませんね。

ED治療薬には性的興奮を得た時に勃起をサポートさせる役割だけではなくて勃起を維持する効果もありますので中折れすることなく最後まで性行為をする事が出来るようになります。

ただ、1つ気になる点としては妊活中にED治療薬を服用しても問題にならないの?って思いますよね。

染色体異常になって生まれてくる子に問題が出てしまうのではないかとか、妊娠しづらくなるのでは?って思ってしまう人も多いでしょう。

大丈夫です。安心して使用してください。

そもそもED治療薬というのは血管を拡張させて血流をよくして陰茎海綿体に十分に血液が集まるのを補助して、勃起を収めようとするのを阻害していつまでも長く勃起を維持するようにする役割を持ちます。

子宮や精子に影響を与えると言うことは一切ありませんので安心して利用することが出来ます。

その根拠としては不妊治療の専門医が念のためにED治療薬を渡すこともあるほどです。

今まで勃起不全に苦しむことなく普通に性行為が出来ていたとしても不妊治療の専門医が1錠だけ渡しておくことだってあります。

専門の医者が出すということは信頼できると思います。

プレッシャーから勃起不全になってしまったと言う人も素直に服用して性行為に臨むようにしましょう。

不妊治療が辛くてやめてしまうと言う人もいるほど女性は毎回辛い思いをしているものです。

男性が出来ることと言ったら最低限の子作りが出来るように備えてあげることです。

不妊治療中はどうしてもお互いにストレスがたまりやすくなってしまいます。男性は女性のことを気遣ってあげるようにしましょう。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る