即効性が魅力のレビトラ

最短15分の即効性


常に1つは携帯しておきたい

バイアグラの次に発売されたED治療薬として注目を浴びたのがレビトラです。

レビトラは先進医療国家として非常に高い信頼性があるドイツで発売されておりドイツだけではなくて非常に世界中で名前が知られているバイエル社が製造したED治療薬です。

このレビトラは【5mg、10mg、20mg】の三つの規格で販売されており、基本的に病院で処方されることが多いのは【10mg、20mg】のどちらか一方で、【5mg】が販売されることはほとんどありません。

なぜなら5mgの場合主成分となるバルデナフィルがあまり入っていません。

20mgと比べると4分の1しか入っていないので効果は期待できませんよね。

レビトラの特徴としてはやはり服用してからすぐに効果を現れてくる即効性が魅力です。

空腹時で服用すれば最短15分から効果が現れ始めて大体平均30分ほどで薬の効果が出てきます。

夫婦でいるときにふとした時に性的興奮が高まってきたときに服用してもすぐに効果が現れるのがいいですよね。

“今したい”という時にすぐに効果が現れてくれます。

また付き合いたてでいつホテルに行くことになるのか分からないと言う関係性で急展開でホテルに行くことになったしても十分ホテルに入ってから服用しても性行為をするまえに先にお風呂に入らせてそのままその隙に服用して自分がお風呂は入れば性行為をする前から効果が発揮することもあります。

いつどんな時に性行為をするのか分からないというときでも常にレビトラを1つ持っておけば心強いと思います。

ただし、食事の影響はうけます。受けないと書かれているサイトもありますが、基本的には食事は摂らない、もしくは本当に軽食でカロリーと脂質の少ないものをつまむぐらいにしておかなくてはいけませんのでデートの終わりに性行為をするかもしれないと思ったらシアリスなどを出発する前に服用しておいたほうが良いと思います。

シアリスは食事の影響は受けづらく800kcal未満で脂質も30%以内で大丈夫です。レビトラは700kcal未満で脂質が30%以内であれば大丈夫とされていますが、レビトラの場合はシアリスよりも食事の影響は受けます。

また食事を摂るとレビトラの売りの1つでもある即効性がなくなってしまいますので出きる事ならば空腹時に服用するようにしましょう。

レビトラの薬の効果持続時間は10mgで8時間、20mgで最大10時間なので性行為は十分出来ると思います。

付き合いたてというのは1日に何度もHがしたくて性的興奮が沸きやすいと思いますが、10時間と言えば十分2回以上性行為を行えると思います。

付き合いたてのカップルの関係だったら1錠持っておくだけで全然違うと思います。

副作用に関してはバイアグラとほとんど同じであり、顔の紅潮や目の充血、頭痛、めまい、鼻づまりが起きると言われています。

お酒を飲みすぎてしまった翌日の二日酔いに似た頭痛が起きると言われていますのでお酒で頭がズキズキと痛む場合はレビトラでも同じように頭痛がすると思ってください。

どうしても頭痛が酷くて性行為に集中できないとか、性行為をするたびに頭痛がするのは嫌だと言う人はロキソニンなどの鎮痛剤は一緒に併用しても大丈夫なのでレビトラを飲む前に服用するようにしましょう。

性行為をしたいと思ったその時に服用さえしてしまえば後は15分でベッドインをする事が出来るというのは嬉しいことですよね。

未だに日本の勃起不全に悩んでいる人の多くはバイアグラやバイアグラジェネリックを注文をする人が多いですが、一度はレビトラの即効性を体感して欲しいと思います。

医薬品個人輸入代行サイトであれば日本ではまだレビトラの特許が切れていないジェネリック医薬品も購入することが出来るので安価で注文をする事が可能です。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る