ジェネリック医薬品について

先発医薬品と同等の効果がある


安く購入できて経済的に負担も減る


日本でもだいぶ浸透してきているジェネリック医薬品ですが、いまいち良く分かっていないとか先生に言われたからただ処方してもらっていると言う人もいるでしょう。

ですからジェネリック医薬品について一度詳しく説明をしていきたいと思います。

ジェネリック医薬品というのは先に発売された新薬(先発医薬品)と同等の成分と効果があると認められた薬のことでジェネリック医薬品(後発医薬品)は世界共通の言葉となっています。

医薬品と言うのは新薬を開発をして世の中に出回ったら特許として20年近く独占的に販売をする事が認められています。

その特許が切れたときに他の製薬会社もジェネリック医薬品を販売することが出来ます。

ジェネリック医薬品が先発医薬品と比べて安く販売をする事が出来るのは開発コストが非常に安く済むためです。

というのは新薬を開発すると言うのはものすごい莫大なお金と時間がかかります。

大体新薬を開発するのであれば場合によっては10年以上かかることも珍しくなく開発コストも100億円以上かかるケースもあります。

そこまでの莫大なコストと期間がかかるのであれば独占販売が認められても納得できますよね。

ジェネリック医薬品と言うのは開発期間は3年~5年で開発コストも10分の1程度で済むと言われています。

特許を取得したら成分や技術なども公開されるのでコストが10分の1程度で済むのは納得できますが、注目して欲しいのが特許が公開されているのにも関わらず開発期間に3年~5年かかるという点です。

ジェネリック医薬品とはいえこれだけの開発期間がかかるのはそれだけ厳しい検査を設けているためです。

特に日本の制度は厳しいとされており、慎重な検査が必要となります。

よく聞くのがジェネリック医薬品は効果がないというデマが出ていたり、特許切れのことを消費期限切れと勘違いしている人がいますが、それは誤った情報です。

日本で発売されているジェネリック医薬品は信頼性は抜群に高いです。ですから海外からわざわざ薬を購入してきたりする人もいるのです。

もちろんED治療薬においても日本では現状バイアグラがジェネリック医薬品として色々な種類が販売されています。

しかし、それ以外のレビトラやシアリス、ステンドラのジェネリック医薬品は海外のインドでしか販売されていません。
※インドでは特許に関する法律が違うので発売されています。これが今社会的に問題になっていますが利用者からしてみれば値段が半分以下で購入することが出来るのでありがたいですよね。

まだ特許切れになっていない薬を安く購入できるのはありがたいことです。医薬品個人輸入で手に入れるようにしましょう。

同等という言葉に注意


ジェネリック医薬品は先に開発された新薬と“同等”の効果が認められて販売をする事が許可されています。

しかし、この“同等”と言う言葉に注意が必要です。

医薬品における同等の効果と言うのは±20%以内のことを指します。

あまり誤差がないと思うかもしれませんが、最大で40%の開きがあるとも見て取れます。

また日本の医療に対する安全性、作る上での環境などは世界トップクラスと言えるでしょう。インドでは度々粗悪品のジェネリック医薬品を製造・販売をしていた会社もあるのでジェネリック医薬品を服用したのに効果が出なかったと言う意見もあります。

日本でのジェネリック医薬品は信頼できますが、インドの場合は開発会社にかなりの差があったりします。

信頼できる製薬会社が出している薬を選ぶようにしましょう。

とはいえ中々海外の会社の信頼度というのは分かりませんよね。

その場合は大手医薬品個人輸入代行サイトの商品欄のところにしっかりと説明をしていますので目を通すようにしましょう。

ちゃんとした大手医薬品会社が製造をしているところは信頼性が高くて安心できます。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る