圧倒的持続作用時間を誇るシアリス

ウィークエンドピル


世界NO.1のシェア率を誇ったこともある

世界初のED治療薬のバイアグラ、そしてその次にドイツのバイエル社から発売されてレビトラの次に発売された通称第3世代のED治療薬と呼ばれてアメリカのイーライリリー社から発売されたのがシアリスです。

シアリスといえばアメリカで発売当初から注目されており、日本でも日本で認可される前から多くの人が医薬品個人輸入代行サイトを利用して事前に入手していたED治療薬です。

シアリスはアメリカのイーライリリー社から2003年に発売されましたが、日本で認可を受けたのは2007年です。

発売から4年もの間ED治療に悩む人は待たなくてはいけなかったのです。

他の国ではシアリスが世界中で発売されていながら日本で処方されたのは4年後と言うことで最新のED治療薬言われたシアリスが勃起不全に悩む人からしてみればいかに利用してみたい人からしてみればいかに待望だったかがわかります。

なぜここまで多くの人が期待していたかと言うとそれはバイアグラやレビトラと違いコンセプトが違っていたためです。

シアリスは他のED治療薬と比べると圧倒的な持続作用時間が長かったためです。

レビトラは服用してから最大10時間の効果があると言われていますが、シアリスの場合は最大36時間もの効果を発揮するのです。

つまり1錠で1日半もの効果が持続すると言うこともあり、週末の金曜日の夕方ごろに飲めば日曜日の朝まで効果を発揮します。

そこからシアリスは【ウィークエンドピル】とも呼ばれるようになりました。

大体付き合いの長いカップルや夫婦と言うのは金曜日の夜や土曜日に性行為をする事が多いのですが、その週末をシアリス1錠でまかなえるというのがかなり夫婦からしてみればありがたい存在なのです。

しかもバイアグラやレビトラは食事の影響を受けやすいのですが、シアリスの場合は食事の影響が受けづらく約牛丼1杯分(800kcal未満で30%以内)であれば食べても大丈夫なのです。

だからこそ世界中でED治療薬のシェア率が42%を超えて世界で最も人気になった時期もあるほど多くの人が愛用したのです。

とは言ってもシアリスを服用したらそれ以降ずっと食事をとってはいけないものではありません。空腹時にシアリスを服用しておいて薬の成分が十分に体内を回った2時間後以降は食事をしても問題ありません。

性行為をするときに空腹時ではあまり楽しめないとか満足感が得られないという人はシアリスを服用してみましょう。

さらにシアリスの場合は副作用がそこまで出ないと言う人が多いです。

そもそも36時間ぶっとおしで薬の副作用が出てしまうと言うものでもありませんから安心していいですし、副作用が出づらいと言うのはこれまで頭痛やめまいなどが強く出てしまうと言う人にとってみればそれだけでもシアリスを服用する意味があると言うものですよね。

ただし、シアリスを服用する際に気をつけて欲しいのがバイアグラやレビトラと違って即効性はありません。むしろ遅効性の薬です。

人によっては空腹時に服用すれば1時間で効果を発揮する場合もありますが、個人差がかなりあり、4時間で効果を発揮する人も多いです。

大体平均して3時間ぐらいかかりますのでレビトラのように即効性があるわけではないので気をつけて服用しましょう。急にホテルに行くことになったとしても効果は発揮されません。

シアリスの規格は3つで販売されており【5mg、10mg、20mg】です。

お勧めは主成分タダラフィルが高容量配合された20mgを試すようにしてください。

もし病院で処方されたのが10mgで十分に効果があってもあえて20mg錠を医薬品個人輸入代行サイトで購入してそれを半分に割って10mg錠として服用するようにしましょう。

そうすれば大体半分の値段で10mg錠として服用することが出来ます。

さらに10mg錠では効果がそこまで得られなかった場合、10mg錠の場合は2錠服用してもいいですが、その場合値段が倍かかってしまう計算になります。

20mg錠であれば正しい服用さえすれば効果は多くの人が実感できるはずですので20mg錠を購入しましょう。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る