次世代の最新ED治療薬アバナ

アジア人の体型に合わせて作られた


いい所を集めたメリット尽くしのED治療薬

ED治療薬の歴史は世界で始めてバイアグラが1999年頃に誕生してからこれまでにレビトラやシアリスが誕生してきました。

この3つ3大ED治療薬というほどに世界的に認知されて多くの人たちが利用しています。

しかし、この3大ED治療薬しかもう販売されていないのか?って言ったらそうではありません。

医療の現場と言うのは日々進化してきているわけで、新しい薬と言うのは開発されてきています。

そして今現在最も注目されており、次世代型のED治療薬と言われているのがアバナフィル配合のステンドラと呼ばれている薬であり、そのジェネリック医薬品がアバナと呼ばれるものです。

ステンドラはアメリカで2012年にVIVUS社から発売されました。

しかし、最初にこのステンドラが研究されていたのは日本の企業なんです。

日本の製薬会社からアメリカのVIVUS社に譲渡されてそこからアメリカ全土へと渡り世界へと発売されているのです。

日本の製薬会社が当初研究を開始していたこともあって日本人の体型に合った薬が研究されていたことが分かりますよね。

ステンドラの素晴らしいところと言うのはこれまでに発売されたED治療薬の良い所取りといったところです。

薬の効果作用時間はバイアグラと同じ6時間程度ですが、レビトラのような即効性があり、シアリスのように食事の影響を受けないというのがあります。

薬の作用時間は6時間ですが、十分に性行為をする時間はありますよね。

そしてレビトラのように空腹時に服用すれば最短15分から効果が現れ始めるので急にホテルに行くことになっても十分対応することが出来るという点です。

またシアリスのように食事の影響をそこまで受け付けないと言うことでデートで食事をとってしまった後にホテルに行くとしてもちゃんと勃起をするのかなっていう心配も少ないです。

レビトラの場合は食事の影響を受けやすいのでどうしてもデート中ともなると食事をした後にベッドインする人も多いですよね。

アバナならばそういった食事の心配もしないでいいので気が楽に使えると思います。

アバナもシアリスと同じ800kcal未満で脂質が30%以内であれば十分に効果が実感できると言われています。

日本の病院ではまだステンドラは認可されていないので処方されることはありません。

ですからステンドラを入手しようと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを利用する必要があります。

とはいえまだ日本で未承認の薬を使用するのは気が引けると言う人もいると思いますが、バイアグラもレビトラもシアリスも全て最初は日本では未承認でその何年か後に発売が許可されています。

しかも結局承認されて別に日本人の体型に合わせて作り直されたと言うものでもありません。

海外で発売されたものと同じ内容で発売されています。

日本で医薬品が認可されるのはかなり遅れているだけです。ましてやアバナフィルは日本で当初開発されていたわけですから安全性は高いです。

ステンドラを医薬品個人輸入代行サイトを手に入れてみましょう。とはいえまだ日本でもまだまだ知名度が低いのが現状ですから最初はお試しで利用してみたいと言う人もいると思います。

そこでジェネリック医薬品を試してみれば良いのです。

ジェネリック医薬品のアバナはかなり値段が抑えられているのでお試しでしようしてみるのにうってつけと言えます。

日本では承認すらされていないステンドラですが、海外に目を向けるとジェネリック医薬品すら手に入れることが出来るのです。

他のED治療薬のいいところを詰め込んだステンドラのジェネリック医薬品のアバナはこれからどんどん注目されてくることでしょう。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る